マラソン 銚子半島ハーフマラソン、銚子市の市制80周年を記念して初開催

投稿

銚子半島ハーフマラソン、銚子市の市制80周年を記念して初開催

2013年06月23日

130623_01

千葉県の銚子市で市制80周年を記念した「銚子半島ハーフマラソン」が2013年11月3日に初開催されるそうで、6月22日から、参加者の募集がはじまりました。7000人規模の市民レースを目指しているようです。

太平洋に突き出した海岸線や「日本ジオパーク(大地の遺産)」にも認定された独特の地形をめぐるコース設定で、種目は日本陸連公認コースを走る21.0975kmのハーフマラソンが定員5000人で、他に10kmが2000人と盲人の部の計3部門があるそうです。スタート時間はハーフが午前9時、10キロが9時20分。参加資格は18歳以上で高校生は不可、参加料はハーフは5000円で10キロは4000円となります。

名勝・屏風ケ浦(びょうぶがうら)を望む銚子マリーナをスタートとゴールに、犬吠埼灯台前など海沿いを走り、ハーフは銚子市の中心部で折り返し、途中には源義経伝説がある犬岩(いぬいわ)や外川漁港、砂浜と松林の君ケ浜、磯に波が砕ける海鹿(あしか)島海岸など雄大な景観が続くとありますから、雄大な自然を満喫できるコースといえそうです。

高低差は20~30メートルですがアップダウンは多いとのことで、こればかりは走ってみないと何ともいえないですが、ハーフも制限時間は2時間40分と割と緩やかなので問題なく走り切れそうです。

銚子といえば沖合で黒潮、親潮がぶつかり合うため豊富な魚が漁れる日本有数の魚港の街として有名ですが、今回のレース後には何と炭火焼きサンマの無料配布もあるとのことで、秋の味覚サンマが楽しめるのは大きな魅力ですね。

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130623ddlk12050059000c.html

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2013/06/23/%e9%8a%9a%e5%ad%90%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%80%81%e9%8a%9a%e5%ad%90%e5%b8%82%e3%81%ae%e5%b8%82%e5%88%b680%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%82%92%e8%a8%98/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check