マラソン 「隠岐の島ウルトラマラソン」で熱中症か、川内優輝が病院へ搬送

投稿

「隠岐の島ウルトラマラソン」で熱中症か、川内優輝が病院へ搬送

2013年06月16日

130616_02本年2013年8月の世界陸上モスクワ大会の男子マラソン代表にも選ばれている「公務員ランナー」として人気の川内優輝選手が島根県の隠岐の島町で行われた「隠岐の島ウルトラマラソン」に出場し、50キロの部で見事に優勝したもののその後フラフラの状態になり町内の病院に運ばれ手当を受けたそうです。熱中症の疑いもあったそうですが、幸い症状は軽いということで、関係者もファンもホッとたのではないでしょうか。

ちなみにこの日の隠岐の島町の最高気温は何と25.6度と真夏日で、ウルトラマラソンともなるとかなり過酷だったのではと予想できますが、取材を受けた川内選手は「意識が飛ぶ寸前だった」と振り返るとともに、脱水対策をしっかりしなければと反省しきりだったとか。

「世界陸上で結果を残してまた来年ここに来たい」とのことで、実は昨年も出場して優勝していて大会連覇になるのですが、来年も出場したいということで調べてみると川内選手の父親が隠岐島出身なのだそうで、本人も特別な思い入れがあるのかもしれませんね。それにしても何をやらせても絵になる選手というか、そういう意味では長嶋茂雄氏のような何かを惹きつける魅力をお持ちの方です。

次は7月7日にオーストラリアで開催されるゴールドコースト・マラソンに出場予定ということですが、こちらは南半球なので7月は日本ほど暑くはないのかもしれませんが、8月のモスクワ世界陸上に向けて順調に調整していって欲しいと心から応援しております。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130616/k10015342721000.html

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2013/06/16/%e3%80%8c%e9%9a%a0%e5%b2%90%e3%81%ae%e5%b3%b6%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%81%a7%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e3%81%8b%e3%80%81%e5%b7%9d%e5%86%85/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check