マラソン 皇居ランニングのマナー向上に向けルール作り、大会開催にも一定の制限

投稿

皇居ランニングのマナー向上に向けルール作り、大会開催にも一定の制限

2013年06月7日

130607_01東京都千代田区の皇居周辺といえば最近市民ランナーが増えマラソン大会も開催されたりして「ランナーの聖地」にもなっていますが、この度市民ランナーや専門家などでつくる東京・千代田区の委員会で皇居周辺を走る上での新たなマナーやルールを定めることとなったそうです。

これはここ最近皇居周辺でランナーの増加に伴い、歩行者から「危険を感じた」という苦情が相次いでいるためで、ランナーの走る方向や皇居周辺で開かれるマラソン大会の参加人数の上限を決めることで両者の共存を図っていこうということのようです。

本年2013年の9月からの運用予定で、ランナーは反時計回りに走ること、狭い歩道は1列に走ることなどの9つのマナーを制定。

また皇居周辺で開催されるマラソンについてもスタートとゴールの地点は桜田門に限定、参加人数の上限は1000人、1回のスタートは最も多くても100人までで、残りは5分以上の間隔を開けて走るなどのルールということで、大会運営側にとっては結構大きな変更となりそうですね。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130607/k10015133811000.html

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2013/06/07/993/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check