マラソン 海上自衛隊基地を異例の開放、 10月に京都舞鶴でハーフマラソン

投稿

海上自衛隊基地を異例の開放、 10月に京都舞鶴でハーフマラソン

2013年06月1日

130601_01京都府の舞鶴市で2013年10月20日日曜日に「舞鶴赤れんがハーフマラソン」が開催されることが決まりその募集要項が発表されました。

舞鶴市といえば古くから軍港として栄えた土地柄で現在も海上自衛隊の基地がありますが、そんな舞鶴市の市制70周年記念事業の目玉として開催されるのが「舞鶴赤れんがハーフマラソン」です。

コースには普段は立ち入ることができない海上自衛隊北吸岸壁や同舞鶴航空基地も含まれているとのことで、海上自衛隊の施設内を走るマラソンは全国的にも珍しいということです。

舞鶴市と海上自衛隊との共催で、種目はハーフ、3キロ、ペア(2・1キロ)の3種目。市役所に隣接する東体育館前を発着し、舞鶴赤れんがパークがゴール。舞鶴湾沿いを走り、ハーフでは海自艦艇が泊まる岸壁内の約600メートル、第23航空隊の対潜哨戒ヘリが配備されている舞鶴航空基地内の約1・8キロを走ることができ、定員はハーフが2000人で全体で2500人だそうです。ゲストランナーは、1999年世界陸上セビリア大会銀メダリストの市橋有里さんで3キロに参加予定とのこと。

護衛艦などが間近で見られるコースというのはなかなか見る機会もないので期待も大きいですよね。舞鶴の海上自衛隊といえばつい最近ゴールデンウィークに公開された人気アニメ「名探偵コナン」の最新作「絶海の探偵(プライベートアイ)」でも舞台として登場していて大ヒットを記録していますので、映画で登場した場所などもこの目で見られるかもしれませんね。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20130531000021

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2013/06/01/%e6%b5%b7%e8%87%aa%e5%9f%ba%e5%9c%b0%e3%82%92%e7%95%b0%e4%be%8b%e3%81%ae%e9%96%8b%e6%94%be%e3%80%81%e3%80%8010%e6%9c%88%e3%81%ab%e4%ba%ac%e9%83%bd%e8%88%9e%e9%b6%b4%e3%81%a7%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check