マラソン 第17回都道府県対抗男子駅伝 兵庫が2年ぶり4回目の優勝、2位東京

投稿

第17回都道府県対抗男子駅伝 兵庫が2年ぶり4回目の優勝、2位東京

2012年01月22日

第17回都道府県対抗男子駅伝 兵庫が2年ぶり4回目の優勝、2位東京

先週京都で行われた都道府県対抗女子駅伝に続き、今週2012年1月22日日曜日は第17回都道府県対抗男子駅伝(全国男子駅伝)が広島県内で開催され、兵庫チームが2時間20分19秒のタイムで2年ぶり4度目の優勝を飾りました。

女子は毎年京都市で開催されていますが、男子は広島市の平和記念公園前を発着点とする48.0キロ全7区間のコースで行われています。中学生2人、高校生3人と一般(大学生・社会人)2人の計7人でたすきをつなぐというのが他の駅伝にはない面白さと予想もしない展開を演出してくれ、また男子には正月の箱根を走ったランナーも出場することが多いので毎年楽しみにしています。

レースは1区の序盤はゆっくりとしたペースで入りますが、その後兵庫と栃木が集団を置き去りにする形で前に出て、最後は兵庫の中谷圭佑選手がトップでたすきリレーを果たして波に乗ります。神戸は続く2区も先頭をキープしますが、3区で失速し一時は7位まで後退。4区で若干順位を上げて5区・6区と堅実につなぎ、アンカーのエース竹沢健介選手に5位でたすきを渡します。

竹沢選手はたすきを受け取るとすぐに3位に浮上し、中盤にはトップの愛知を捉え残り4キロ付近で一気にスパートし引き離すと後は余裕の走りで後続を引き離しそのままゴールテープを切りました。兵庫チームの足立幸永監督の「阪神大震災の被災地から東北の被災地へ勇気と最後まであきらめずに頑張れば、いい結果が残るということを伝えたかった」という言葉が印象的でしたね。

2位には序盤2区・3区でいい流れを作った東京がアンカーの若松儀裕選手の見事な走りもあって過去最高の順位で入り、3位も熊本が5区九州学院高の久保田和真選手や正月の箱根駅伝の優勝メンバーである東洋大・大津顕杜選手の見事な走りもあって入っています。

一方力のある選手を揃えて大会前から優勝の最有力候補と目され連覇を狙った栃木は1区こそいい形で2位でたすきを繋いだもののその後の選手がふるわず、アンカーのエース宇賀地強選手が猛追を見せたものの及ばず結局4位に、最終区にトップでたすき渡しをした愛知は5位に終わっています。今回も2位東京から5位愛知までは13秒の差と大接戦となりました。

その他茨城が過去最高の6位、4区でトップを走っていた佐賀は8位、また震災と原発事故の影響も懸念される中で有力選手を揃えてきた福島は1区でトップにいきなり2分近い差をつけられてしまったこともあり、アンカーのエース今井正人選手が41位から34位に順位を上げるのが精一杯という苦いレースになってしまっています。レース直前で箱根駅伝でも大活躍した東洋大の柏原竜二選手がケガのため出場を回避せざるを得なかったことも響いたかもしれませんね。

■最終結果
1位 兵庫(2:20:19)
2位 東京(2:20:41)
3位 熊本(2:20:50)
4位 栃木(2:20:53)
5位 愛知(2:20:54)
6位 茨城(2:21:17)
7位 大分(2:21:18)
8位 佐賀(2:21:36)
9位 福井(2:21:52)
10位 埼玉(2:22:02)
11位 広島(2:22:04)
12位 岡山(2:22:05)
13位 三重(2:22:17)
14位 鹿児島(2:22:34)
15位 長野(2:22:50)
16位 石川(2:22:56)
17位 静岡(2:23:00)
18位 岐阜(2:23:03)
19位 京都(2:23:06)
20位 福岡(2:23:16)
21位 宮崎(2:23:18)
22位 大阪(2:23:34)
23位 群馬(2:23:53)
24位 徳島(2:24:04)
25位 富山(2:24:05)
26位 宮城(2:24:15)
27位 長崎(2:24:29)
28位 島根(2:24:39)
29位 神奈川(2:24:45)
30位 青森(2:24:58)
31位 秋田(2:25:08)
32位 北海道(2:25:10)
33位 千葉(2:25:16)
34位 福島(2:25:20)
35位 高知(2:25:32)
36位 滋賀(2:25:38)
37位 愛媛(2:25:39)
38位 山口(2:25:39)
39位 香川(2:26:08)
40位 和歌山(2:26:31)
41位 奈良(2:26:36)
42位 山形(2:26:51)
43位 沖縄(2:27:37)
44位 山梨(2:27:54)
45位 岩手(2:27:54)
46位 鳥取(2:28:00)
47位 新潟(2:28:04)

■区間賞
1区(7.0キロ):中谷圭佑(兵庫/西脇工高) 20:12
2区(3.0キロ):山口竜矢(広島/向丘中) 8:37
3区(8.5キロ):出口和也(茨城/旭化成) 24:14
3区(8.5キロ):室塚健太(石川/自衛隊体育学校) 24:14
4区(5.0キロ):室井勇吾(大分/日本文理大付高) 14:30
5区(8.5キロ):久保田和真(熊本/九州学院高) 24:13
6区(3.0キロ):永井拓真(茨城/泉丘中) 8:42
7区(13.0キロ):竹沢健介(兵庫/エスビー食品) 37:32

第17回都道府県対抗男子駅伝 速報|スポーツナビ
兵庫V、広島11位 男子駅伝|中国新聞
天皇杯 第17回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝)

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2012/01/22/904/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check