マラソン 第31回大阪国際女子マラソン1月29日号砲 野口vs福士に注目

投稿

第31回大阪国際女子マラソン1月29日号砲 野口vs福士に注目

2012年01月10日

第31回大阪国際女子マラソンが1月29日号砲 野口vs福士に注目

本年2012年はいよいよ4年に一度の大舞台ロンドンオリンピックが開催されます。マラソンといえば日本のお家芸だったはずですが、男子は最近は表彰台にすら手が届かない低迷期に入っていますし、一方女子も2000年のシドニーで高橋尚子選手が、2004年のアテネで野口みずき選手が金メダルを取ってメダルが期待できる有力競技だったものが昨年8月に韓国・大邱(テグ)で開催された世界陸上などを見ていると少し厳しくなってきているような感じも見受けられます。

ちなみに世界陸上ではまだ記憶に新しいですがキプラガト選手を筆頭としたケニア勢3選手が32キロ過ぎでペースアップで日本の赤羽有紀子らを置き去りにして史上初の同国代表3人による表彰台独占という衝撃的な結果になりました。ケニア勢といえば元々トラックで1万mなどは強かったですがマラソンにも本格参戦してきたというか、男子と同様の傾向がありますよね。

更に記事には興味深いことが書かれていて2008年以来の2時間20分を突破する選手が3人も出てきているらしく、この2時間20分にいかに迫れるかがメダルを獲れるかどうかのカギのようです。ちなみに昨年の日本人最高の尾崎好美選手の2時間23分56秒は世界では22番目なのだとか。マラソンというのは暑さ寒さやコースの起伏で記録が結構左右されるのでタイムがすべてではないとは思いますが、それでも日本がメダルを獲得していた時は出していたタイムでなのだそうです。

そんな中で今回五輪金メダリストの野口みずき選手(シスメックス)と3000、5000m、そしてハーフマラソンの日本記録を持つ福士加代子(ワコール)選手が同じ大会に出場してどんな記録を出してくれるか注目を集めています。

野口みずき選手といえば2004年のアテネ五輪金メダルで2008年の北京五輪も直前の故障までは金メダル最有力候補で2005年には2時間19分12秒の日本新記録を出すなど高橋尚子選手の後マラソン界を先頭で引っ張ってきた存在で、故障が治り本来の力を出せれば十分世界と戦えるということは記録を見ても分かりますよね。それは今回大会の出場選手のベストタイムを見てもよく分かります。

ただやはり4年2ヶ月ぶりのマラソンという長いブランクが気になる所ではありますが、ここ最近は好調と聞いていますしいい走りを期待したいものです。

一方の福士加代子選手も過去2度のマラソンで終盤に大きく失速しているのをどう立て直してくるかに注目です。元々スピードは折り紙つきですし存在感は女子陸上選手の中でも図抜けていますし、二人が直接対決というのは大いに見ものですね。

■国内招待
野口みずき(33 京都・シスメックス) 2:19:12
福士加代子(29 京都・ワコール) 2:24:38
嶋原清子(25 東京・SWAC) 2:25:10
野尻あずさ(29 東京・第一生命) 2:25:29
堀江知佳(30 千葉・ユニバーサル) 2:26:11
扇まどか(28 長崎・十八銀行) 2:26:55
重友梨佐(24 岡山・天満屋) 2:31:28

■外国招待選手
コンスタンティナ・ディタ(42 ルーマニア) 2:21:30
リディア・グリゴリエワ(38 ロシア) 2:25:10
ミハエラ・ボテザン(35 ルーマニア) 2:25:32
タチアナ・ガメラシュミルコ(28 ウクライナ) 2:28:14
ケムント・モガカ(27 ケニア) 1:11:38(ハーフ)

■主催 日本陸上競技連盟、産経新聞社、サンケイスポーツ、関西テレビ放送、ラジオ大阪
■共催 大阪市
■主管 大阪陸上競技協会
■協賛 日東電工
■協力 ダイハツ、シチズン時計、ミズノ

第31回大阪国際女子マラソン29日号砲 野口vs福士、日本を牽引|MSN産経ニュース
大阪国際女子マラソン 公式サイト

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2012/01/10/%e7%ac%ac31%e5%9b%9e%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b31%e6%9c%8829%e6%97%a5%e5%8f%b7%e7%a0%b2%e3%80%80%e9%87%8e%e5%8f%a3%ef%bd%96%ef%bd%93/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check