マラソン 第88回箱根駅伝復路 東洋大2年ぶりV 駒大2位順大5年ぶりシード

投稿

第88回箱根駅伝復路 東洋大2年ぶりV 駒大2位順大5年ぶりシード

2012年01月3日

第88回箱根駅伝復路 東洋大2年ぶりV 駒大2位順大5年ぶりシード

正月の風物詩としてすっかり定着した第88回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が2012年1月3日に開催され、前日の往路を制した東洋大が往路の貯金を存分に活かした走りで最後までトップを守り続けてゴール。「今後更新されることはない記録」と関係者が評するほどこれまでの大会記録を大幅に更新する10時間51分36秒のタイムで総合優勝を飾りました。東洋大の優勝は2010年以来2年ぶり3回目、金栗四三杯(最優秀選手賞)には東洋大の柏原竜二が選出されこちらも2年ぶり3回目の受賞となります。

復路は往路とは逆の箱根・芦ノ湖から東京・大手町の読売新聞社旧東京本社前までの109.9キロ・全5区間のコース。主将で「新山の神」と称されるにふさわしい走りを見せた柏原竜二選手らの活躍もあり、2位以下に5分以上の差をつけてトップで復路をスタートした東洋大は本来ならば無理に突っ込まず貯金を活かしたゆったりとした走りをすればいい訳ですが、今年は守りに入らず攻めの走りを貫いた感がありました。

まず3年連続6区を任された市川孝徳選手が区間賞の走りで2位早大との差を更に広げてみせると、続く7区の設楽悠太選手も区間新記録をマークする見事な走りで僅かに残された他校の優勝の可能性を完全に消してみせます。8区の大津顕杜選手も区間記録に迫るペースで走り、9区の田中貴章選手こそ若干鈍い走りだったものの大幅なリードの中では大した問題ではなく、アンカー10区の斉藤貴志選手も手堅い走りでスタートから一度も首位を譲ることなくそのまま逃げ切りました。

まさしく東洋大の独壇場に終わった優勝争いでしたが、2位以下は目まぐるしく順位が入れ替わる面白いレースとなりました。まず2~4位については早稲田大、明治大、駒澤大の3チームがしのぎを削り、6区は明治が早稲田を抜いて2位に上がり、7区で早稲田と駒澤が追いつき3校の三つ巴になります。8区で明治が脱落すると早稲田と駒澤の一騎打ちとなりますが、9区に入ると駒沢の窪田忍選手が区間賞の走りを見せて早大を大きく引き離して勝負は決着、そのまま駒大が2位でフィニッシュしました。

一方3位には最終10区にエース鎧坂哲哉選手を残していた明大が早稲田を交わして入り、久々のベスト3入りを果たしています。明治に抜かれた早大は往路から2つ順位を落として結局4位でのフィニッシュ。昨年は出雲駅伝・全国大学駅伝と箱根と三冠に輝いた早稲田ですが、今年は無冠に終わる厳しいシーズンとなりました。

そして5位には終始安定していた城西大が入り、昨年わずかの差で11位に終わり逃していたシード権を確保。6位にはこちらも2区のエース出岐雄大選手が区間賞の走りを見せた青山学院大が、いい流れをそのまま最後まで維持し続けて入っています。

また7位には前日の往路では13位だった名門・順天堂大が「復路の順大」といわれる強さを今年は発揮して5年ぶりとなる久々のシード権を確保。山の神と呼ばれた今井正人選手が卒業した後ぐらいから低迷の続いた順大ですが、この2年予選会で苦しんだ中で名門復活に向けて最高の足がかりができたのではないでしょうか。

8位にはこちらも名門・中央大が入り何と27年連続シードという戦国駅伝で差がほとんどなくなっていると言われる中ですごい記録を今年も更新しました。9位に山梨学院大、10位に国学院大が入り、東海大、日本体育大などはシードを逃しています。

復路も正月から朝早起きしてずっと見ていましたが、6区開始時点で5分もの差がついてしまったため優勝争いの楽しみはまったくないレースになってしまって残念ではあったのですが、東洋大の昨年の雪辱を晴らすべくしっかり仕上げて総合成績でも大幅な新記録を出したことは見事というしかありません。

また今年で「新山の神」と呼ばれた柏原竜二選手は最後の箱根になりますが、過去4年すべてで区間賞を取り3度も区間新記録を出しているのですから本当に脱帽でしたね。記憶にも記録にも残る選手としてきっと駅伝ファンの間で語り告がれていく伝説の選手になりそうです。

個人的には母校の明治大学が3位に入ったのは嬉しかったのですが、最後3位に順位を上げるシーンが放送されなかったのはちょっと残念でしたね。それにしても近年は安定してきてエースの鎧坂選手は卒業してしまいますが、更なるいいチームになってくれればと思っています。

■最終結果
1位 東洋大(10:51:36)※大会新記録
2位 駒大(11:00:38)
3位 明大(11:02:50)
4位 早大(11:03:10)
5位 青山学院大(11:08:46)
6位 城西大(11:10:17)
7位 順大(11:11:15)
8位 中大(11:11:17)
9位 山梨学院大(11:12:38)
10位 国学院大(11:13:42)
—————————————————-
※上位10校がシード権獲得
11位 国士舘大(11:16:47)
12位 東海大(11:17:14)
13位 帝京大(11:18:58)
14位 拓大(11:20:21)
15位 神大(11:20:22)
16位 上武大(11:20:43)
17位 関東学連選抜(11:21:36)
18位 中央学院大(11:21:41)
19位 日体大(11:22:26)
20位 東農大(11:44:16)

■区間賞
6区(20.8キロ)市川孝徳(東洋大) 59分16秒
7区(21.3キロ)設楽悠太(東洋大) 1時間2分32秒 ※区間新
8区(21.5キロ)大津顕杜(東洋大) 1時間4分12秒
9区(23.2キロ)窪田忍(駒大) 1時間9分6秒
10区(23.1キロ)斉藤貴志(東洋大) 1時間9分45秒

第88回箱根駅伝復路 速報|スポーツナビ
箱根駅伝公式WEBサイト

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2012/01/03/%e7%ac%ac88%e5%9b%9e%e7%ae%b1%e6%a0%b9%e9%a7%85%e4%bc%9d%e5%be%a9%e8%b7%af%e3%80%80%e6%9d%b1%e6%b4%8b%e5%a4%a72%e5%b9%b4%e3%81%b6%e3%82%8av-%e9%a7%92%e5%a4%a72%e4%bd%8d%e9%a0%86%e5%a4%a75%e5%b9%b4/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check