マラソン 第3回横浜国際女子マラソン 木崎良子が逆転Vで五輪へ前進

投稿

第3回横浜国際女子マラソン 木崎良子が逆転Vで五輪へ前進

2011年11月20日

第3回横浜国際女子マラソン 木崎良子が逆転Vで五輪へ前進

2011年11月20日、神奈川横浜市の山下公園を発着点とするコースで第3回横浜国際女子マラソンが開催され、木崎良子選手(ダイハツ)が終盤の逆転劇で見事に初優勝を果たしました。高い気温のレースだったためタイムは2時間26分32秒どまりでしたが、来年2012年のロンドン五輪の代表選考会を兼ねたこの大会で優勝した木崎選手はオリンピックへ一歩前進したといえそうです。

気温20度を超え暑さと日差しのきついコンディションの中で、ペースメーカーが予定よりも早く早々に脱落してしまいスローペースで進んだレースでしたが、32キロ過ぎからはイギリスのマーラ・ヤマウチ、昨年の優勝者の尾崎好美(第一生命)、そして木崎選手の三つどもえの様相を呈します。

しかし残り3キロで木崎&尾崎の二人に絞られた後、40キロ過ぎに尾崎選手がスパート。しかし木崎は粘り強く追いかけ、ゴール手前で逆転しそのままトップでゴールとなりました。昨年優勝の尾崎選手は惜しくも2位に終わりました。最後まで諦めないという気持ちが生んだ逆転劇だったといえるレースでしたね。

■最終結果
1位 木崎良子(ダイハツ) 2:26:32
2位 尾崎好美(第一生命) 2:26:49
3位 マーラ・ヤマウチ(英国) 2:27:24
4位 永尾薫(ユニバーサルエンターテインメント) 2:29:43
5位 レネ・カルマー(南アフリカ) 2:29:59
6位 ロベ・グタ(エチオピア) 2:32:26
7位 吉田香織(アミノバイタルAC) 2:33:14
8位 藤田真弓(十八銀行) 2:35:12
9位 サリナ・コスゲイ(ケニア)2:35:26
10位 カテリナ・ステツェンコ(ウクライナ) 2:35:44

第3回横浜国際女子マラソン 速報|スポーツナビ
横浜国際女子マラソン大会 公式サイト

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2011/11/20/%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%80%80%e6%9c%a8%e5%b4%8e%e8%89%af%e5%ad%90%e3%81%8c%e9%80%86%e8%bb%a2%ef%bd%96%e3%81%a7/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check