マラソン 第42回全日本大学駅伝 早大が大会新で15年ぶりV 出雲に続き2冠

投稿

第42回全日本大学駅伝 早大が大会新で15年ぶりV 出雲に続き2冠

2010年11月7日

第42回全日本大学駅伝 早大が大会新で15年ぶりV 出雲に続き2冠

第42回全日本大学駅伝対校選手権大会(全日本大学駅伝)が2010年11月7日日曜日に開催され、10月の出雲駅伝を制した早稲田大学が5時間13分02秒の大会新記録で15年ぶりの優勝を果たし、大学駅伝2冠を達成しました。

また2位に駒大、3位に東洋大と続き、日大・東海大・明大までの上位6校が熾烈なシード争いを制しシード権を確保しています。

全日本大学駅伝は毎年11月の第1日曜日に開催される出雲駅伝および箱根駅伝とともに大学男子の3大駅伝とされる大会で、愛知県の熱田神宮から三重県の伊勢神宮までの106.8キロを8人のたすきリレーでつなぎ、優勝校には秩父宮賜杯が贈られます。

まず序盤は東洋大が1区のルーキー設楽選手の好走もあり3区までトップを守りますが、1区の矢澤選手が9位と出遅れた早稲田大学が2区以降で地力の違いを見せ4区で東洋大を逆転します。

そして7区以降は独走態勢を築き最終的には2位以下に大差をつけての圧勝となりました。

これで残すは正月の風物詩・箱根駅伝のみで、1991年、2001年以来3度目となる大学駅伝3冠も現実味を帯びてきた気がします。

■最終結果
1 早大 5:13:02 ※大会新
2 駒大 5:15:22
3 東洋大 5:16:21
4 日大 5:19:18
5 東海大 5:19:45
6 明大 5:19:52 (以上6校がシード権獲得)
7 日体大 5:20:00
8 中大 5:20:32
9 山梨学院大 5:21:05
10 帝京大 5:22:04

■区間賞
1区(14.6km):設楽啓太(東洋大) 42分42秒
2区(13.2km):鎧坂哲哉(明大) 37分38秒 ※区間新
3区(9.5km) :油布郁人(駒大) 27分02秒 ※区間新
4区(14.0km):佐々木寛文(早大) 40分23秒
5区(11.6km):志方文典(早大) 33分47秒 ※区間新
6区(12.3km):窪田忍(駒大) 36分03秒
7区(11.9km):飯田明徳(駒大) 35分09秒
8区(19.7km):ガンドゥ・ベンジャミン(日大) 56分42秒

第42回全日本大学駅伝 速報|スポーツナビ
全日本大学駅伝

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2010/11/07/%e7%ac%ac42%e5%9b%9e%e5%85%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e9%a7%85%e4%bc%9d%e3%80%80%e6%97%a9%e5%a4%a7%e3%81%8c%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e6%96%b0%e8%a8%98%e9%8c%b2%e3%81%a7%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%b9%b4/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check