マラソン 第22回出雲駅伝 早大が14年ぶりの優勝

投稿

第22回出雲駅伝 早大が14年ぶりの優勝

2010年10月11日

第22回出雲駅伝 早大が14年ぶりの優勝

2010年10月11日島根県出雲市で駅伝シーズンの開幕を告げる出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)が開催され、早稲田大学が14年ぶりの優勝を果たしました。

出雲駅伝は1989年に第1回がスタートし、全日本大学駅伝、箱根駅伝と並ぶ大学三大駅伝として、また駅伝シーズンの開幕レースとして毎年「体育の日」に開催されていて、出雲大社の正面鳥居前をスタートし出雲市役所前→直江交差点→雲州平田駅前→島根ワイナリー前→出雲大社大鳥居→出雲ドームまでを6人のランナーでつないでいきます。

レースは非常にハイペースでスタートし、1区の終盤で早大の矢澤選手が山梨学院大のコスマスをかわしてトップでたすきをつなぐと、2区で一時、日体大に9秒差まで詰め寄られるものの、3区・4区・最終6区で区間賞を獲得する走りで一度もトップを譲ることなく大会記録を2秒更新する2時間10分05秒でゴール。2位の日体大とは1分11秒の大差の圧勝でした。2位には日体大、3位に駒大が入り、以上の上位3校が来年のシード権を獲得しています。

1万メートル28分台の選手を7人揃え大学駅伝3冠を狙うと宣言する渡辺康幸監督ですが、胴上げは1993年以来18年ぶりの箱根駅伝の制覇までお預けとのことで、次の全日本駅伝や正月の箱根駅伝も期待できそうですね。

■最終結果
1 早大 2:10:05
2 日体大 2:11:16
3 駒大 2:11:28
4 東洋大 2:11:59
5 山梨学院大 2:12:09
6 東農大 2:13:04
7 中大 2:13:20
8 明大 2:14:19
9 京産大 2:14:25
10 第一工大 2:14:28

■区間賞
1区(8.0km):矢澤曜(早大)    23分07秒
2区(5.8km):福士優太朗(日体大) 16分45秒
3区(7.9km):八木勇樹(早大)   23分15秒
4区(6.2km):佐々木寛文(早大)  17分54秒(区間新)
5区(6.4km):上野渉(駒大)    18分30秒(区間新)
6区(10.2km):平賀翔太(早大)   30分00秒

第22回出雲駅伝 速報|スポーツナビ
出雲駅伝 第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2010/10/11/%e7%ac%ac22%e5%9b%9e%e5%87%ba%e9%9b%b2%e9%a7%85%e4%bc%9d%e3%80%80%e6%97%a9%e5%a4%a7%e3%81%8c%ef%bc%91%ef%bc%94%e5%b9%b4%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%84%aa%e5%8b%9d/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check