マラソン 岐阜駅前の織田信長像

投稿

岐阜駅前の織田信長像

2010年05月12日

織田信長公像

本日名古屋から京都へ移動中に岐阜駅に寄って参りました。そして岐阜駅前に建っている織田信長公像を見てきました。

織田信長公像は2009年の9月26日に岐阜駅北口前に建立されたまだ新しい岐阜駅のシンボルのため、私も見たのは初めてでした。昨年10月下旬に水都おおがきハーフマラソンに行った際に車内からチラッと見えたのですが、今回ようやくまともな形での閲覧となりました。

岐阜といえば信長が1567年に斎藤氏の居城で難攻不落と言われた稲葉山城を攻め落とし、その一帯を「岐阜」と名付けたことが由来とされていて、以後はこの岐阜を拠点に「天下布武」を目指して勢力を拡大していくことになるため、非常に縁の深い土地の一つです。織田信長好きもあり始めたこのサイトですから、この像を拝むのは悲願でもありました。

像は金色に輝き、マントをまとい西洋の鎧に火縄銃という出で立ち
でいかにも新し物好きだった信長らしい印象を強く感じます。像高3m、台座からの高さ11mということで目の前の広場からだと見上げる形になり壮観です。

名古屋から京都に行くとなると新幹線だとわずか30分ちょっとですが、JR在来線を使って2時間半ぐらいかけて行くこともできます。新幹線だと5000円を少し切るぐらいですが、在来線だと岐阜駅まで450円で岐阜から京都までが1890円でわずか2340円で行くことができます。これからもたまにはこの移動方法で信長像に拝謁してエネルギーをもらいたいと思いました。

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2010/05/12/%e5%b2%90%e9%98%9c%e9%a7%85%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%b9%94%e7%94%b0%e4%bf%a1%e9%95%b7%e5%83%8f/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check