マラソン 京都シティハーフマラソン、フルマラソン化で経済効果12億円超

投稿

京都シティハーフマラソン、フルマラソン化で経済効果12億円超

2010年01月13日

京都シティハーフマラソン、フルマラソン化で経済効果12億円超

毎日新聞の記事によると、2012年3月の開催を目指して計画が進んでいる京都シティマラソンの経済効果が12億8500万円にのぼることを京都市がこの度発表したそうです。

京都市を舞台にしたマラソンは794年の平安京遷都より1200年を記念して、1994年より「京都シティハーフマラソン」がスタートし、平安神宮の大きな鳥居をスタートゴールにするなど京都独特の雰囲気たっぷりで人気を集めていましたが、残念ながら市の財政事情やフルマラソン化の話もあり昨年2009年3月に16回目で終了となりました。

私が初めて出場した大会がこのハーフマラソンだったのですが、終了と聞いて残念だった一方でフルマラソン化の話は聞いていたので、こうやって段々と話が現実化していっていることには嬉しい気持ちでいっぱいですし、期待もしています。それまでにはフルマラソンをきちんと走れるようになっていたいものです。

今回の集計は参加者1万5000人、応援が8100人で集計したそうですが、ただ一つお願いしたいのは、東京マラソンのようにあまりに人気が出すぎて抽選となり、なかなか走れないという事がないようにという事でしょうか。人気が高いのはそれはそれで嬉しい事ですが、1年に1度の大会ですから毎年確実に走れないというのも何だか複雑な気分ですからね。

京都シティマラソン(仮称)開催による経済波及効果について/京都市 文化市民局 市民スポーツ振興室

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2010/01/13/%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8a%b9%e6%9e%9c%ef%bc%91%ef%bc%92%e5%84%84%ef%bc%98%ef%bc%95%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e5%86%86%e3%80%81%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%95/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check