マラソン 箱根駅伝復路、東洋大学が総合優勝

投稿

箱根駅伝復路、東洋大学が総合優勝

2010年01月3日

箱根駅伝復路、東洋大学が総合優勝

本日行われた箱根駅伝で、前日の往路で優勝した東洋大学が復路もそのまま逃げ切り総合優勝を果たしました。

復路のスタートから一度もトップを譲ることなくまったく危なげない走りで10区までタスキをつなぎ、正直盛り上がりには欠けた感じもしますが、そこは真剣勝負ですから致し方ないですね。

それにしてもやはり5区柏原選手の走りが大きな貯金となったのは事実で、5区だけで差がつき過ぎるため距離を以前延長する前のものに戻してはどうかという声も上がっているようです。

私も今回の結果についてはまったく異論はありませんが、確かに5区だけで客観的に見て他の9区間にはない差が一気につくことには少し不公平感も感じますし、これが柏原選手登場以前から数年間ずっと続いていますので、見直しも必要ではないかとも感じています。ただたとえそうだとしても来年すぐにという訳ではなく、何年かの予告・検証期間を経てというのがいいのではないかと思います。

復路単独では駒澤大学が意地を見せて復路優勝を果たし、総合でも2位まで順位を上げる健闘を見せてくれました。実力のある1年生も多数入っているようですし、2011年は東洋大学ともっとデッドヒートをできる力を今一度つけてもらって大会を盛り上げてもらいたいですね。

一方我が母校である明治大学は往路の検討から一転、復路はほとんど見せ場もなくじりじりと順位を下げて昨年の8位よりも悪い成績の10位に終わりました。やはりエースの松本昴大選手の故障欠場が響いたかもしれないですね。ただ最低限のシード権は獲得できたので、反省すべき所はしっかり反省して、来年の飛躍に期待したいです。

【総合成績】

1位 東洋大 11:10:13
2位 駒大 11:13:59 +3:46
3位 山梨学院大 11:15:46 +5:33
4位 中大 11:16:00 +5:47
5位 東農大 11:16:42 +6:29
6位 城西大 11:17:53 +7:40
7位 早大 11:20:04 +9:51
8位 青山学院大 11:21:25 +11:12
9位 日体大 11:21:45 +11:32
10位 明大 11:21:57 +11:44
——————————–
※上位10校が翌年のシード権を獲得
——————————–
11位 帝京大 11:24:52 +14:39
12位 東海大 11:25:46 +15:33
13位 中央学院大 11:26:41 +16:28
14位 上武大 11:28:14 +18:01
15位 日大 11:28:48 +18:35
16位 学連選抜 11:29:37 +19:24
17位 専大 11:29:51 +19:38
18位 大東大 11:32:53 +22:40
19位 法大 11:33:22 +23:09
20位 亜大 11:41:07 +30:54

【関連サイト】

第86回箱根駅伝 速報|スポーツナビ
箱根駅伝公式サイト

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2010/01/03/%e7%ae%b1%e6%a0%b9%e9%a7%85%e4%bc%9d%e5%be%a9%e8%b7%af%e3%80%81%e6%9d%b1%e6%b4%8b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%8c%e7%b7%8f%e5%90%88%e5%84%aa%e5%8b%9d/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check