マラソン 福岡国際マラソン&10km走

投稿

福岡国際マラソン&10km走

2009年12月6日

福岡国際マラソン&10km走

今日は昼は福岡国際マラソンが行われテレビ中継もやっておりましたので、見ておりました。

優勝したのは今年夏の世界選手権でも銅メダルを獲得したツェガエ・ケベデ(エチオピア)選手で、2時間5分18秒のタイムで大会2連覇を果たしました。日本で行われた大会で2時間5分台の記録が出たのは初めてだそうで、もちろん国内大会の最高タイムということになります。

その一方で今回注目されていた初マラソンのメクボ・モグス(アイデム)選手は左ふくらはぎを痛めて31キロ過ぎで無念のリタイアとなってしまいました。20キロの給水の所で他の選手と接触したことが原因らしく、それまでは好調な走りだったとのことで本人にとっても残念な結果だったことと思います。

モグス選手といえば大学生の時には箱根駅伝で山梨学院大のエースとして大活躍したのが記憶に新しいですが、この年の2月にケニアで起きた交通事故で所属チームの木村コーチが一時意識不明の重体になり、現在は奇跡的に回復してこの日も応援に駆けつけていたそうで、そのコーチのためにも何とかいい結果を残したいというのは、ニュース番組などでも放映されて知っていたので非常に胸の詰まる思いですが、まだまだ22歳で今回が初マラソンですし、これをバネに今後も飛躍していってもらいたいです。

夕方からは10km走で2週間ぶりに走って参りました。少し左足かかとの不安があったため、名古屋シティマラソン以来の走りとなりましたが、51分ぐらいで完走できたので、いい形で鈴鹿に向けてまずは走り込みを開始できたと思います。

福岡国際マラソン|第63回(2009)

この記事へのトラックバックURL

https://www.42-195.net/2009/12/06/%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%ef%bc%8610km%e8%b5%b0/trackback/

TOPへ

最近チェックしたページ

check